犬猫の手術と骨折治療なら、当院に相談してください。

いしじま動物病院|柏市、流山市

整形外科

犬の膝の手術

 膝蓋骨は大腿骨四頭筋と膝蓋靭帯の間にあり、膝が屈曲、伸展した時に、大腿骨の遠位に存在する滑車溝を滑らかに移動し、筋肉、靭帯、大腿骨、脛骨が正しい位置で動くように働いています。

小型犬で多い膝蓋骨脱臼は膝の内側へ脱臼することが多く、持続的な脱臼が続くと、大腿骨の滑車の内側の骨と、膝蓋骨が擦れることで、関節炎を発症します。

さらに経過が長くなると、膝蓋骨をつなげる筋肉や腱の付着部に強いテンションがかかり、骨の変形や、膝の内部の構造物の変性や断裂を引き起こします。

特に、膝の内部に存在する半月板(大腿骨と脛骨が擦れるのを防ぐクッション)や前十字靭帯(大腿骨と脛骨をつなぐ靭帯)が損傷してしまうと、症状はより重度に進行します。

症状により、以下のグレードに分類されています。

膝蓋骨脱臼のグレード

Grade1

押すと簡単に脱臼

手を話すと戻る

Grade2

膝の屈曲or押すと脱臼

膝の伸展or押すと戻る

Grade3

膝蓋骨は常に脱臼

押すと戻るが、話すと再脱臼

Grade4

膝蓋骨は常に脱臼

徒手による整復は不可能

グレード3からは外科が適応されますが、当院では、若く手術に耐えられる症例や、進行する可能性がある症例では、グレード2でも外科療法をお勧めしています。

膝蓋骨脱臼の診断には身体検査で、前十字靭帯の断裂などの続発疾患や関節炎の診断には、レントゲンや炎症マーカーなどを組み合わせて病態を評価しています。

手術

大腿骨滑車溝形成術

大腿骨の滑車溝と脛骨粗面を中心に膝の外側に皮膚の切開を行います。

出血や、組織の損傷を最小限にしながら、大腿骨滑車までアプローチします。

大腿骨の滑車の溝を確認し、膝蓋骨がきちんとはまるように、バーで骨を削ります。

pastedGraphic.png

pastedGraphic_1.png

pastedGraphic_2.png

 
   

脛骨粗面転移術

膝蓋骨をはめてみて、膝の伸展や屈曲がない事を確認し、脛骨粗面(膝の下の骨の靭帯の付着部)が内側に向いている時は一部脛骨粗面に骨切りを行い、外方へずらして、ピンで固定します。

pastedGraphic_3.png

pastedGraphic_4.png

pastedGraphic_5.png

 
   

関節外制動術 lateral suture

術中に前十字靭帯断裂がないか、大腿骨と脛骨をずらすドロワー試験を行い、不安定性が確認されたら、関節外から人工靭帯をかけます。

大腿骨の後方に付着する外側種子骨に糸をかけ、脛骨粗面にドリルで穴を開けて、両者を人工靭帯でつなぎ不安定性を解消します。

pastedGraphic_6.png

pastedGraphic_7.png

pastedGraphic_8.png