犬猫の手術と骨折治療なら、当院に相談してください。

いしじま動物病院|柏市、流山市

特殊外科

猫の尿管結石

猫の腎臓疾患のうち、尿管結石の発症割合は近年増加していると報告されています。

尿管結石は、腎不全を起こします。

腎臓から膀胱につながる管を、尿管と言います。猫の尿管は細いので、1~2mmの結石で、尿管がつまります。結石が詰まると、腎盂から腎臓に圧力がかかり、水腎症や急性腎不全の症状が起こります。

若齢で腎機能の低下がある場合は、超音波検査で尿管をチェックしましょう。

尿管に閉塞していた結石。砂利のようです。

早期に摘出手術を行います。

院長
尿管に結石が詰まった状態では、慢性腎不全に移行します。尿管結石がわかった場合は、早期に摘出手術を行っています。

結石が尿管に詰まってから、手術を行って閉塞を解除するまでの時間が長いと、救命できなかったり、慢性腎不全に移行していることがあります。尿管結石による腎不全が重度の場合は、尿管結石の手術後に、点滴や腹膜透析を行う場合があります。

 

尿管結石は、画像検査で診断します。

膀胱や、下部の尿道に結石ができた場合には、血尿や頻尿、排尿の減少などの症状を示すため、発見が遅れることは多くありませんが、上部の腹腔内の尿管に結石がつまっても、反対側の腎臓が機能している場合は、症状で診断を行う事は難しいです。

超音波検査が有効です。

尿管結石の大きさは1〜2mm です。体の中にある小さな結石を確認するために、画像の解像度が高い機器が必要です。

レントゲン検査

レントゲン検査では、腎臓、尿管、膀胱の位置を確認します。結石がある場所と、全体的な位置が把握できます。

尿管結石の摘出手術

step
1
超音波検査で結石の位置を確認

麻酔をする直前も、尿管結石の位置を確認します。

step
2
開創

膀胱や尿管をくまなく確認するため、臍上から恥骨の前方まで大きく開腹を行います。消化管や大網や腹腔内脂肪を避け、隣接する大血管に注意し、尿管と腎臓を露出します。

step
3
尿管の切開と、結石の摘出

尿管と腎臓を覆う後腹膜の一部を切開して、尿管内に小さな切開を加えて結石を摘出します。

step
4
縫合

特殊な極細の縫合糸で、尿管を細かく縫合して、尿漏れがないことを確認します。手術時間は1時間程度で終了します。

摘出した結石は、成分を分析します。また、尿を培養検査で細菌感染を確認します。

 

腎臓結石の摘出

腎臓内に結石が存在する場合には、いずれ、尿管に詰まってしまうリスクを抱えています。

術前に加え、術中にもエコー検査を行い、腎盂で小切開を加えて結石を摘出します。

膀胱結石の摘出

手術後

術後は点滴療法で入院治療を行い、縫合部位の離開や、点滴による心不全の発症がないか、元気食欲、排尿状態、腹部エコー検査、静脈点滴中の呼吸状態を細かく確認する事で、安全にご自宅に猫を返せるように努めております。

-特殊外科

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.