腫瘍外科

はじめに読む・ガンの診断と治療

更新日:

初期の皮膚腫瘍を発見しやすい人は、飼い主さんやトリマーです。また、定期的な獣医師による健康診断は、小さな皮膚腫瘍でも発見できる確率が高くなります。

ココがポイント

腫瘍は小さい時ほど、完治ができる可能性が高くなります。直径1cm以下で、治療を開始できることが望ましいです。

腫瘍の発見のコツ

家で発見できる腫瘍には、皮膚腫瘍と乳腺腫瘍があります。早期で見つけにくいのは、口内とお腹の中にできる腫瘍です。これらは、獣医師による検査で腫瘍を発見します。

飼い主さんが発見できる腫瘍

皮膚の腫瘍の発見のコツは、毛をかき分けて見ることです。毛の流れが違うところや、湿っている場所をチェックしましょう。犬の乳腺腫瘍は、乳頭周辺や、乳頭の間に発生しやすいです。猫の乳腺腫瘍は、乳首の色を確認しましょう。乳頭の色が黒ずんだり、盛り上がったりしていたら、獣医師の診察が必要です。

リンパ節の異常で発見しやすい場所は、

獣医師が発見できる腫瘍

体の中の腫瘍は、レントゲン検査や、超音波検査で発見します。通常の診察では、口の中や、リンパ節までチェックします。

院内で行う腫瘍検査

細胞の検査

代表的な腫瘍検査には、細胞診と病理があります。

腫瘍の治療

ガンの種類を特定することで、最も適切な治療法が分かります。

手術

抗がん剤

抗がん剤が第一選択になる代表的なガンは、リンパ腫です。飲み薬、注射、点滴が必要な薬などがあります。通院できる頻度、費用、副作用、効果の予測を相談しながら、抗がん剤の投与プログラムを決定します。

手術後の抗がん剤の治療

悪性度が高いガンや、転移の兆候が見られる場合は、手術後に抗がん剤を使用します。

放射線

大学付属の動物病院で、

その他のガン治療

細胞免疫療法などがあります。

追加の治療

-腫瘍外科

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.