犬猫の手術と骨折治療なら、当院に相談してください。

いしじま動物病院|柏市、流山市

腫瘍外科

乳がんの手術

犬の乳がんの手術

乳腺腫瘍の予後は、大きさが重要です。乳腺腫瘍は手術で摘出します。

乳腺腫瘍の原因と予防

乳腺の組織の一部が女性ホルモンの影響を受けて増殖し、遺伝子変異などにより、腫瘍化する病気です。
子犬や子猫のうちに卵巣摘出術を行うことで、女性ホルモンの影響を減らすことで、発生率を下げることができると言われています。

良性腫瘍と癌

犬の乳腺腫瘍では小さい腫瘍ほど悪性度が低いと言われており、3cm以上で、大きいものや、硬くいびつな形をしているものほど、悪性となる可能性が高いと言われています。
腫瘍のタイプによってはこの法則に当てはまらないものもあるため、基本的には外科摘出して、病理診断(良性か悪性か、取りきれているのかいないのか)を受け、その後の追加治療を決めています。
確率的には良性腫瘍が50%、悪性腫瘍だけれども転移を起こさないもの25%、悪性腫瘍で再発、肺やリンパ節や腹腔内の臓器へ転移を起こす可能性が高いものが25%程度と言われています。
熱感があったり、硬い場合には手術不適応になることもあるため、手術前には、十分な触診とレントゲンで肺転移の評価を行い、手術可能かを判断しています。
猫はほとんどが悪性腫瘍のため、全身麻酔に耐えられるようであれば、両側乳腺の全摘出を行い、術後に抗がん剤療法を追加しています。
また、大きくなると出血したり、感染して、膿が出てしまうこともあるので、転移していたとしても、腫瘍だけを切除するような手術をご案内することもあります。

手術のタイプ

当院では避妊手術を実施していない子では避妊手術を同時に行い、乳腺腫瘍の摘出手術に対応しています。
1、腫瘍のみの摘出
ワンちゃんがおとなしく、1cm以下の小さな腫瘍の場合には、全身麻酔ではなく、局所麻酔での切除にも対応しています。
良性なものでは取りきれることが多く、万が一悪性の場合には、後日全身麻酔での拡大切除を計画しています。
2、領域乳腺切除
乳腺は前後の乳腺がリンパ管で繋がっているので、連続する乳腺を摘出することで術後の再発を防ぐ手術方法になります。

また、乳腺腫瘍が多発した場合にも、一括で摘出することで腫瘍の取り残しを防ぐように努めています。全身麻酔での手術になります。
両側の尾側乳腺を一括で切除した場合には後ろ足の動きがぎこちないことが数日起こることがありますが、徐々に皮膚が伸びるため、2週間ほどで落ち着くことが多いです。
3、両側乳腺全摘出
犬で乳腺腫瘍が多発している場合や、猫の乳腺腫瘍で、全ての乳腺組織を切除する手術方法です。
傷が大きいことで痛みが出ることや、胸部の皮膚のひきつれにより、呼吸がしにくくなる事があります。
全身麻酔で、術後も点滴療法や痛み止めにより、入院治療をして、おうちにお返ししています。


猫の乳がんの手術

猫の乳腺にできる腫瘍は、ほとんどが悪性で、転移や浸潤のスピードが早いです。腫瘍の大きさが1cmより小さいうちに、手術による完全切除ができれば完治させられる可能性があります。

猫の乳腺の全摘出手術も行っています。

-腫瘍外科

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.