整形外科 骨折

骨折の手術後の癒合不全

更新日:

骨折の癒合不全のリスク

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は -e1552607020578-1024x412.jpg です
プレート手術後の骨吸収
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 創外固定の癒合不全-1024x576.jpg です
創外固定手術後の骨吸収

通常は、手術後に骨が癒合して治癒するのですが、手術後に骨吸収が起こり骨が細く脆くなり、再骨折や歩行障害を起こす症例を見ることがあります。多くが小型犬で多く報告されています。

院長
オーナーは、手術後に起こる骨吸収のリスクを許容できないのでは?

小型犬の前足骨折で、手術後に骨吸収が起こりやすいのはナゼか

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は あまあきむぎ.jpg です
LCPによる手術後の骨吸収

プレート手術は、骨折部を強固に圧着させ髄腔内血流を維持して癒合させます。猫や中型犬に比べて、小型犬の前脚の骨は髄腔が狭いため、プレート手術で使用するスクリューが髄腔の血流障害を起こします。最近の小型犬は、体重が1kg前後と小さく、前足の骨の髄腔も細いので、容易に血流障害が起きると考えられます。

また、強固な骨の固定では、力の弱い小型犬では、骨の修復に必要な、骨折部位への刺激が伝わりにくいです。

骨折の癒合不全をなくしたい

小型犬の前足骨折の治癒には、「髄腔内の血流障害を起こさせない」と「部分負荷がかける」ことが必要と考えました。

手術による一次癒合よりも、ギプスによる二次癒合による骨折を治癒させる方法を選びました。ただし、従来のギプス固定では骨折は治癒しないので、ギプスの改良が必要と考えました。

院長
当院で行っている足型ギプスの治療は、手術より安定的な骨の再生と治癒ができると判断しました。現在、小型犬の前足骨折では、手術から足型ギプスの治療に転換しています。

骨吸収を起こしてしまった場合の手術

プレートの除去手術をおこない、吸収した骨は人工骨に入れ替えます。

当院で使用する人工骨のβTCP

骨の修復と再生には、土台と材料と血流が必要とされます。

手術により、プレートと融解した骨を除去して、β-TCPの人工骨を入れ替えます。そこに、PRPや幹細胞で骨を再生させる材料を入れます。また、人工骨の周囲で血流を回復させます。骨折している足に部分負荷をかけて、骨の再生を促します。

-整形外科, 骨折

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.