犬猫の手術と骨折治療なら、当院に相談してください。

いしじま動物病院|柏市、流山市

骨折

骨折手術後の癒合不全

創外固定による骨吸収

骨折の癒合不全のリスク

通常は、手術後に骨が癒合して治癒するのですが、手術後に骨吸収が起こり骨が細く脆くなり、再骨折や歩行障害を起こす症例を見ることがあります。多くが小型犬の前足骨折の手術後で報告されています。

プレート法の手術後に起こった骨吸収

小型犬の前足骨折をプレート手術後の骨吸収です。プレートが大きくスクリューも太いため、血流不足と着地の刺激が伝わらなくなり、骨が融解していました。

猫や中型犬に比べて小型犬の前脚の骨は髄腔が狭いため、プレート手術で使用するスクリューが髄腔の血流障害を起こします。最近の小型犬は体重が1kg前後と小さくて前足の骨の髄腔も細いので、容易に血流障害が起きると考えられます。

創外固定法の手術後に起こった骨吸収

創外固定法でも、強固な固定を行うと骨吸収が起こります。

ピンニング手術後に起こった骨吸収

部分負荷がかからない場合は、骨吸収します。

最新の手術法とされるLCPプレート法の手術後の骨吸収

プレートを装着した下側で、骨がほとんど消えてしまっています。持続的な圧着と血流障害は骨吸収の原因になります。強固な骨の固定では、骨の修復に必要な骨折部位への刺激が伝わりにくくなります。

骨折の癒合不全をなくしたい

手術による一次癒合からギプスによる二次癒合による骨折を治癒させる方法に転換しました。ただし、従来のギプス固定では骨折は治癒しないので、ギプスを改良しました。

院長
当院で行っている足型ギプスの治療は、手術より安定的な骨の再生と治癒ができると判断しました。現在、小型犬の前足骨折では、3Dギプスで治療しています。

step
1
炎症期

骨折直後は完全固定します。折れた当日に徒手整復を行って骨折端を合わせて完全固定すると、骨折がきれいに修復されます。

step
修復期

足型から作成した3Dギプスを装着します。ひねり方向には安定的で、垂直方向のみ部分負荷がかかります。骨折部位に刺激が伝わることで、骨折は修復します。

3Dギプスによる骨折の修復

骨折の治癒には「髄腔内の血流障害を起こさせない」と「部分負荷がかける」ことが必要です。完全に足にフィットするギプスで、骨折部位を安定的に固定できます。

小型犬の骨折

第21回 日本臨床獣医学フォーラム年次大会2019(ポスターセッション発表)3Dギプスによる犬の前足骨折の治療(PDF)

 

骨吸収を起こしてしまった場合

手術

プレートの除去手術をおこない、吸収した骨は人工骨に入れ替えます。

当院で使用する人工骨のβTCP

骨の修復と再生には、土台と材料と血流が必要とされます。

手術により、プレートと融解した骨を除去して、β-TCPの人工骨を入れ替えます。そこに、PRPや幹細胞で骨を再生させる材料を入れます。また、人工骨の周囲で血流を回復させます。骨折している足に部分負荷をかけて、骨の再生を促します。

PRP療法と3Dギプスの併用

骨吸収の程度が軽ければ、3DギプスとPRP療法で修復できます。

局所麻酔をおこなって、挿入してある金属ピンを抜去します。ピンは感受性検査を行なって、細菌培養検査をします。

ピンを抜去したところに、PRP液を注入します。

1週間後には仮骨形成が起こり、骨の再生を確認しました。

-骨折

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.