腫瘍外科

犬と猫の口腔内腫瘍

投稿日:

口腔内腫瘍は、悪性腫瘍の場合では進行度の早いものが多く、早期診断が必要な病気にもかかわらず、口腔内の奥に発症した場合は、発見が遅れがちになります。

pastedGraphic.png

pastedGraphic_1.png

pastedGraphic_2.png

 

良性では歯肉腫(エプリス)が代表的ですが、骨まで浸潤するタイプもあるため、顎骨を一部含めた切除が必要になります。

悪性腫瘍では、犬と猫で発生しやすい腫瘍は分かれており、犬ではメラノーマ、扁平上皮癌、線維肉腫の順に、猫では扁平上皮癌が多く見られます。

いずれの腫瘍でも、血行が豊かで、大きくなる速度も早く、非常に壊れやすい特徴を持つため、出血したり、口腔内の細菌が出血部位で増殖することで悪臭を放ち、痛みから、自力でご飯を十分に食べることができなくなり、腫瘍で体が衰弱するほかに、栄養そのものが足りないので、悪循環に陥ります。

犬のメラノーマは非常に悪性度が高く、診断時には、多くの子で近傍のリンパ節へ転移を起こしていると言われています。

猫の扁平上皮癌は骨の中にも広範囲に浸潤したり、線維肉腫は根を張るように周囲の筋肉へと浸潤するため、悪性腫瘍と診断された場合には、顎骨を含めた広範囲の外科切除に加え、その腫瘍の悪性度に応じて、術後に必要があれば抗がん剤または放射線の治療を継続することが多いです。

悪性度の高い癌の場合は、根治を目指せることは少ないため、痛みからの解放や、ごはんが食べれるようになり、QOL(生活の質)を改善させ、安らかに命をつないでいく緩和療法を目標として、治療計画を立てます。

外来では、口の中を視診して、腫瘍の範囲を確認します。

特に口の奥の腫瘍は正中(口の真ん中のライン)を超えると顔面の変形が著しくなることや、周囲の重要な組織の損傷を免れないことから、外科的に切除することは困難です。

肺のレントゲンで肺転移の有無を確認し、細胞診検査により、どのような腫瘍のタイプなのかを大まかに検討をつけます。

手術

上顎には眼球下に眼窩下動脈、血管の処理を行いながら、骨にアプローチして、バーと骨鋏で骨を切っていき、顎骨内部の口蓋動脈も処理して、顎骨の切除を完了させます。

片側の上顎骨が残せれば、顔面の変形は目立ちません。

pastedGraphic_3.png

pastedGraphic_4.png

   

下顎は顎骨表面のオトガイ動脈を必要に応じて処理して、骨を切り、内部の下歯槽動脈を処理して顎骨切除を行います。

下顎は上顎と異なり、広範囲に切除しても、顔の容貌は維持されることが多いです。

当院では、3/4顎骨切除や、顎関節からの下顎骨切除まで対応可能です。

pastedGraphic_5.png

pastedGraphic_6.png

pastedGraphic_7.png

pastedGraphic_8.png