柏市豊四季と流山おおたかの森から徒歩圏の動物病院です。ガンの手術、再生医療、骨折の治療。多くの手術経験で、大切なペットを守ります。犬のトリミング、犬猫のペットホテルも承っています。

ペット医療で、地域社会に貢献します。

千葉県柏市・流山市で、犬猫の手術なら当院に相談してください。がんの手術、骨折で多数の症例があります。難易度の高い手術も相談してください。また、犬猫の再生医療も行っており、いままで治らないとされていた脊髄損傷や自己免疫疾患の治療も行っています。

お知らせ

・7月22日(日)の診察は、貞廣と中村が行います。(院長は休みです。)
・新しい血液検査の機械を導入しました。5検体を同時に測定できるので、検査でお待たせする時間が短縮しました。

検査設備

充実した医療機器で大切なペットを守ります。

検査機器は、血液検査機器や尿生化学検査機器の他に、カラーの超音波診断装置、透視機能付きのデジタルレントゲン、オリンパス内視鏡などがあります。

外科手術

手術の麻酔記録を、報告書としてお渡ししています。大きな手術後には、手術写真で内容を説明します。

いしじま動物病院の手術室

全身麻酔の安全性を確保するために、人工呼吸器、吸入麻酔器、2台の生体モニターを使用しています。手術で使用する機器は、リガシュア、電気メス、2台のマイクロエンジン、骨折の超音波治療器、微細な縫合をするときのサージカルルーペがあります。整形外科の器具は、骨折用のプレート、ピン、創外固定の器具を揃えています。また、特殊手術の器具として、気管虚脱のPLLPや気管ステント、靭帯断裂の整復器具などもあります。

口腔内腫瘍、肝臓腫瘍腫瘍外科、小型犬の前足骨折や靱帯断裂の整形外科、胆嚢切除や結石摘出の軟部外科、気管虚脱やフィラリアなどの特殊外科を行なっています。また、再生医療によって、超小型犬の前足骨折の修復や、椎間板ヘルニアに対する治療も行なっています。

腫瘍外科や整形外科では手術中の写真をUSBに記録して、退院時に飼い主様にお渡ししています。大きな腫瘍摘出や難易度の高い手術も可能です。症例ページに、当院の手術例があります。手術費用や入院日数の目安も記載しています。

特殊手術

がんの手術は、巨大腫瘍でも相談してください。特殊手術の、フィラリア手術や、気管虚脱も対応できます。胆嚢破裂や呼吸器系では、緊急手術が可能です。

口腔内腫瘍の手術

早期の切除手術が必要です。腫瘍の大きさによって、予後が変わってきます。
犬の手術を見る→
猫の手術を見る→

会陰ヘルニア

再手術が必要な場合や、進行したグレード4でも相談してください。
手術例を見る→

気管虚脱の手術

トイプードルの気管虚脱は、PLLP法と気管ステントで手術ができます。
手術例を見る→

猫の尿管結石の手術

サージカルルーペを使用して手術を行います。
尿管の手術例を見る→

フィラリアの手術

急性フィラリア症は、緊急の手術が必要です。ベナケバ症候群で手術を行います。
フィラリアの手術を見る→

胆嚢摘出の手術

内科療法と食事療法でも回復しない場合は、胆嚢摘出の手術が必要になります。
胆嚢の手術を見る→

小型犬の前足骨折の治療

トイプードルやポメラニアンなどの小型犬の骨折は、サイトカインやPRPで修復します。足型から作成するギプス、PRP療法、超音波治療、創外固定法を組み合わせた治療を行なっています。

犬の前足骨折につけるギプス

1、低コスト

足型ギプスとPRP療法と超音波治療なら、プレート手術の半額程度で治療できます。

2、低リスク

足型ギプスとPRP療法と超音波治療なら、全身麻酔が必要ありません。ただし、創外固定法が必要な場合は、全身麻酔で手術になります。
プレート法の手術による骨吸収や癒合不全のリスクが、回避できます。

3、骨折部位の強化

自己の修復力と再生力を最大限に引き出すことで、骨折部位が太く強く修復できます。

犬猫の再生医療

1、幹細胞療法

Mダックスの椎間板ヘルニアや、皮膚や慢性腸炎などの自己免疫疾患で、再生医療が行えます。

2、PRP療法

骨折の治療、局所の皮膚難治性潰瘍、創傷治癒の促進で使用しています。

病院スタッフ

ご挨拶
1996年に我孫子で動物病院を開院し、2012年12月に柏市豊四季に移転しました。手術機器のベッセルシーリングシステムは、県内で一早く導入しました。2003年から日本獣医がん学会に所属しており、腫瘍外科で多くの経験を積みました。また、医師と獣医師の再生医療学会にも所属しています。今まで治療が不可能とされていた、自己免疫疾患、慢性期の脊髄損傷、骨融解した骨折部位の骨などの治療にも取り組んでいます。

スタッフ数:10名
獣医師(石嶋、貞廣、中村)、動物看護師(杉浦、山下)、トリマー(豊田、菊池、小久保)、受付(荒川、上條)

<獣医師>
石嶋茂夫(院長)
得意分野:外科(腫瘍、整形)
所属学会:日本獣医がん学会、日本再生医療学会、日本獣医再生医療学会

貞廣(さだひろ)優子
得意分野:循環器(心臓)、内科
所属学会: 獣医循環器学会、日本獣医がん学会

貞廣獣医師の出勤表(午前9時〜午後6時30まで)

貞廣:7月7日(土)8日(日)は、学会出席のため、お休みします。

中村恵美

ペットの暮らしと医療を通じて、地域社会に貢献します。

ペットと一緒にいる暮らしは、人の生活を豊かにします。当院は、人と動物が幸せに暮らせるお手伝いをしています。

猫の里親会

ボランティアの方が野良を保護したり保健所から引き上げをした犬猫に、新しい家族を探す協力をしています。当院で、毎月、譲渡会を開催しています。開催日はフェイスブックにてお知らせします。

犬のしつけ教室

無駄吠えや攻撃性などの問題行動を治すために、毎月一回、ドックトレーナーによるしつけ教室を開催しています。犬の問題行動が無くなると、人と犬が信頼し合って穏やかに暮らせるようになります。参加費用:500円/1回(60分)

保護された犬猫の治療

地域のボランテイアの方に協力して、保護猫たちの治療をしています。 桜ねこの「どうぶつ基金」に協力しています。どうぶつ基金から受け取るチケットで、無料で避妊手術を行うことができます。チケットは、どうぶつ基金のホームページから申し込んでください。

診察時間

 

柏市と流山市からのアクセス

住所:柏市豊四季130−22

スーパーベルクス豊四季店の斜め向かいにあります。柏市からは豊四季駅南口の交差点を、おおたかの森方向に向かって徒歩5分です。流山市からは、おおたかの森病院の前の通りを柏方向に向かって徒歩7分の場所にあります。
車でお越しの方のために、専用駐車場が14台分あります。
病院前に5台、斜め向かいの月極駐車場に9台です。

第1種動物取扱業/第12-2-26 有限会社クリオベッツ/代表取締役 石嶋茂夫/柏市豊四季130-22

PAGETOP
Copyright © いしじま動物病院 All Rights Reserved.