特殊外科

猫の尿管結石

更新日:

腎臓から膀胱につながる管を、尿管と言います。猫の尿管は細いので、1~2mmの結石で、尿管がつまります。結石が詰まると、腎盂から腎臓に圧力がかかり、水腎症や急性腎不全の症状が起こります。

尿管に閉塞していた結石。砂利のようです。

早期に摘出手術を行います。

院長
尿管に結石が詰まった状態では、慢性腎不全に移行します。尿管結石がわかった場合は、早期に摘出手術を行っています。

 

尿管結石は、画像検査で診断します。

猫では腎臓疾患のうち、尿管結石の発症割合は近年増加していると報告されています。

膀胱や、下部の尿道に結石ができた場合には、血尿や頻尿、排尿の減少などの症状を示すため、発見が遅れることは多くありませんが、上部の腹腔内の尿管に結石がつまっても、反対側の腎臓が代償しているうちは、排尿も十分量得られる事が多いので、臨床症状だけで早期診断を行う事は難しい疾患です。

腎臓から作られた尿が膀胱に行く過程で細い尿管に結石が詰まってしまうと、尿管の閉塞がおこり、腎臓の出口である腎盂に尿が貯留していきます。

腎臓の尿の鬱滞により、構造が変化し、本来排出されるはずの尿毒素が体内に溜まることで、急性腎不全になり、最悪の場合、死に至ります。

 

レントゲン検査

当院では腎臓の血液検査に加え、レントゲン検査で尿管の全体像を把握し、解像度の高い超音波装置にて腎臓、尿管、膀胱の構造をくまなく確認し、早期発見に努めております。

 

超音波検査

全身麻酔を必要としない超音波検査で、猫への負担を減らし、左右の腎臓の内部の構造、腎盂の拡張や、尿管の拡張とその後に存在する結石とその数や位置を同定し、手術計画を立てています。

 

尿管結石の摘出手術

step
1
超音波検査で結石の位置を確認

麻酔前の直前にも、尿管結石の位置を確認します。

step
2
開創

 

step
3
尿管の切開と、結石の摘出

小切開で結石を摘出します。

step
4
縫合

特殊な極細の縫合糸で、尿管を縫合します。

摘出した結石は、成分を分析します。また、尿を培養検査で細菌感染を確認します。

膀胱や尿管をくまなく確認するため、臍上から恥骨の前方まで大きく開腹を行い、消化管や大網や腹腔内脂肪を避け、隣接する大血管に注意し、尿管と腎臓を露出します。

尿管と腎臓を覆う後腹膜の一部を一部切開して、尿管を触診して、硬い結石の上の漿膜と粘膜に小さな切開を加えます。

尿管結石が1つの場合は結石をとりだした後に、尿管を細かく縫合して、尿漏れがないことを確認後、閉創します。

1時間程度で麻酔導入から、閉創が完了することが多いです。

尿管結石が多数に及ぶ場合には、1つ目の尿管結石を摘出後、尿管の切開部位から、腎臓や膀胱に向かって尿管のガイドワイヤーを通し、結石が無いかを確認します。

他にも結石が存在している時にはそれに準じて摘出を行います。

 

腎臓結石の摘出

腎臓内に結石が存在する場合には、いずれ、尿管に詰まってしまうリスクを抱えています。

術前に加え、術中にもエコー検査を行い、腎盂で小切開を加えて結石を摘出します。

膀胱結石の摘出

手術後

術後は点滴療法で入院治療を行い、縫合部位の離開や、点滴による心不全の発症がないか、元気食欲、排尿状態、腹部エコー検査、静脈点滴中の呼吸状態を細かく確認する事で、安全にご自宅に猫を返せるように努めております。

-特殊外科

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.