骨折

ギプスで治す小型犬の前足骨折

更新日:

小型犬の前足骨折は、足型ギプスによる治療を行っています。足型ギプスで二次癒合させて、骨折した骨を強く太く修復させます。自己の修復力を利用した前足骨折の治癒は、骨が早く強く治ります。

小型犬の前足骨折の手術

現在、小型犬が前足骨折をした場合の治療は、ほとんどが手術を選択されています。骨折の手術法には、プレート法、創外固定法、ピンニング法があり、前足骨折は、プレート法で手術を行うことが多いです。プレート法とは、チタンやステンレス製のプレートとスクリューを使い、折れた骨を正確に圧迫固定する手術法です。骨折端の合わせ、骨髄腔内の血流を維持させて癒合させる治療です。

最新のプレート法には、より強固に骨を固定するLCP(ロッキング・コンプレッション・プレート)手術もあります。

骨折の癒合不全のリスク

プレート手術後の骨吸収
創外固定手術後の骨吸収

通常は、手術後に骨が癒合して治癒するのですが、手術後に骨吸収が起こり骨が細く脆くなり、再骨折や歩行障害を起こす症例を見ることがあります。多くが小型犬で多く報告されています。

院長
オーナーは、手術後に起こる骨吸収のリスクを許容できないのでは?

小型犬の前足骨折で、手術後に骨吸収が起こりやすいのはナゼか

LCPによる手術後の骨吸収

プレート手術は、骨折部を強固に圧着させ髄腔内血流を維持して癒合させます。猫や中型犬に比べて、小型犬の前脚の骨は髄腔が狭いため、プレート手術で使用するスクリューが髄腔の血流障害を起こします。最近の小型犬は、体重が1kg前後と小さく、前足の骨の髄腔も細いので、容易に血流障害が起きると考えられます。

また、強固な骨の固定では、力の弱い小型犬では、骨の修復に必要な刺激が伝わりにくいです。

骨折の癒合不全をなくしたい

小型犬の前足骨折の治癒には、「髄腔内の血流障害を起こさせない」と「部分負荷がかける」ことが必要と考えました。

手術による一次癒合よりも、ギプスによる二次癒合による骨折を治癒させる方法を選びました。ただし、従来のギプス固定では骨折は治癒しないので、ギプスの改良が必要と考えました。

従来のギプス

通常のギプスは、添え木のように足を固定します。

添え木のように足に装着して、骨折部位が動かないようにします。骨折の修復期まで、装着を続けると骨が細く脆く弱くなります。

従来のギプスを装着して6ヶ月間の運動制限をしていた犬です。骨折は治癒せず骨が脆くなっています。

強固な固定や大きなギプスをつけたままでいると、骨吸収が起こり、骨は細く脆くなって再骨折のリスクが高くなります。

従来のギプス固定では、骨折部分に部分負荷がかからない(刺激が伝わらない)のが原因と考えられます。

従来のギプス固定の問題点を改良した、新しいギプスの作成を試みました。

新しいギプスは、横方向と回転方向には強く安定的で、足先から骨折部位に部分負荷が伝わる形が必要と考えました。

改良型の足型ギプスの作成

足に完全にフィットさせるギプスを作成します。石膏を作成しないで、足に直接ギプス巻いてを作ると、ギプスの位置がずれたり褥瘡ができやすくなります。

step
1
印象材で足型をとります。

歯医者でよく使用している印象材で、完全な足型を作成します。印象材を固めるときに、徒手整復でアライメントを調整します。

step
石膏で足型を作ります。

印象材の型に、石膏を流し入れて固まらせます。

step
ギプス作成

石膏の上から、ギプス用のプラスチックを使って、足型ギプスを作成します。足に完全にフィットするギプスが作成できます。

step
ギプスの装着

ギプスは、軽くて強く、装着時の違和感が小さいため、歩行の障害にはなりにくいです。また、1ヶ月以上連続して装着しても足に褥瘡ができにくいです。

骨折の修復には、部分負荷が必要

足裏から骨折部位に適切な刺激が伝わることで、骨の修復が促進されます。

この足型ギプスは、ハサミでカットができるので、レントゲンで仮骨の形成を確認しながら、部分負荷の調整ができます。骨折は、徐々に太く強く修復して行きます。

足型ギプスによる骨折の治癒

足先が出る形なので、部分負荷が調整できます。

足型ギプスによる犬の前足骨折の治療のメリット

無麻酔

日帰り

手術に比べて低コスト

サイトカインの温存

骨折の全周囲で固定

部分負荷が調整できる

通常のギプス治療を選択する場合は、亀裂骨折などに限って行われていますが、この足型ギプスでは、フォーク型に折れた前足骨折や、骨折端がずれた骨折でも適応可能です。

自己の修復力を使って自然な速度で修復された骨が、一番強度が強くなります。太くなりすぎた骨は、リモデリングされて、正常な太さになっていきます。

デメリットは変形癒合

徒手整復でアライメントの強制が困難な場合、初めは曲がって骨折が治癒しますが、リモデリングされて徐々にまっすぐに修正していきます。

治療症例

足型ギプスの装着で、前足骨折を治癒した犬たちです。

生後4ヶ月のトイプードルから大型犬のボルゾイまで、足型ギプスで前足骨折が治癒できました。

1,5kgのポメラニアンの前足骨折

生後4ヶ月のトイプードルの前足骨折

約1ヶ月で骨折が治りました。

生後4ヶ月の成長期なので、骨の再生力が非常に強いです。太くなりすぎた骨はリモデリングで、適切な太さに修正されていきます。

1,4kgのトイプードルの前足骨折

約1ヶ月半で、骨折は治りました。

ボルゾイの前足骨折

大型犬のボルゾイの前足骨折も、足型ギプスで骨折が治癒しました。
変形癒合で曲がって治癒した骨は、徐々にまっすぐに修正されます。これをリモデリングと言います。

足型ギプスで骨折を治療した犬の動画があります。

当院のユーチューブチャンネル

前足骨折で手術を行う場合

肘に近い場所の前足骨折

肘に近い場所の骨折では、徒手整復による矯正が難しいので、足型ギプスと創外固定法の手術を併用しています。創外固定は、仮骨形成が見られるタイミングで部分負荷をかけるため、徐々に固定を緩めます。

肘より上の上腕骨折

多方向からピンを入れる創外固定法の手術です。エポキシパテは金属用より軽い木工用のものを使っています。

骨吸収を起こしてしまった場合の手術

プレートの除去手術をおこない、吸収した骨は人工骨に入れ替えます。

当院で使用する人工骨のβTCP

骨の修復と再生には、土台と材料と血流が必要とされます。

手術により、プレートと融解した骨を除去して、β-TCPの人工骨を入れ替えます。そこに、PRPや幹細胞で骨を再生させる材料を入れます。また、人工骨の周囲で血流を回復させます。骨折している足に部分負荷をかけて、骨の再生を促します。

-骨折

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.