充実した獣医療で 地域に貢献します

お知らせ

2020.04.12

「コロナウイルス対策について」

消毒はバイオウイルを使用しています。バイオウイルは、犬コロナウイルス、インフルエンザウイルス、パルボウイルスを5秒で死滅できます。朝9時と午後4時と午後8時に待合室をバイオウイルで消毒を行っています。診察台は一頭の診察ごとにバイオウイルで消毒しています。

2020.04.12

「春の健康診断キャンペーン」

4月1日〜6月30日まで行います。血液検査(完全血球計算+生化学検査14項目)の通常8200円が、4200円で行います。対象はワクチン、トリミング、健康診断が対象です。その他に診察料1000円がかかります。注意:病気の診断で行う血液検査は対象外になります。

2020.04.11

交通系電子マネー(スイカ、PASMO)で支払いができるようになりました。クレジットカードも使えます。

2020.04.11

3Dギプスに関して、3回の学会発表を行いました。
1、「3Dギプスによる犬の前足骨折の治療(PDF)」第21回 日本臨床獣医学フォーラム年次大会
2、「犬の橈尺骨骨折のピンニング手術後の骨吸収が3DギプスとPRP療法で回復した症例」日本獣医再生医療学会 第15回年次大会
3、「3Dギプスを用いた橈尺骨骨折の非観血的治療」日本獣医内科学アカデミー学術大会

獣医師出勤表

唐津獣医師の診察時間は、AM9:00~PM5:30までとなります

当院で行う治療

小型犬の前足骨折、腫瘍外科、特殊外科の治療などは当院の獣医師に相談してください。

骨折、整形外科

3Dギプスで治す小型犬の前足骨折

正確にフィットするギプスで小型犬の前足骨折を治療します。自己の再生力を利用した治療法です。足が細くても折れた骨が治癒するのは当然です。 … →続きを見る

骨折手術後の癒合不全

橈尺骨骨折のプレート手術後に癒合不全のトラブルが起こる原因は骨の細さや犬の性格ではなく、手術が治療に適さないからです。 何度もプレート手術を繰り返している場合は、当院に相談してください。 … →続きを見る

≪骨折の治療≫

  • 小型犬の橈尺骨骨折(3Dギプス)

小型犬の骨折の多くが前足骨折です。足型から作成する3Dギプスは完全に足にフィットして、負荷をかけることで骨が再生します。自己の再生力を利用した治療法です。無麻酔で作成できて入院の必要がありません。通常は1ヶ月半〜2ヶ月で骨折が治癒します。

 

  • プレート手術後に癒合不全や金属破折した場合

プレートの除去手術とPRP療法や自家骨髄移植を行なってから3Dギプスで治療を行います。骨吸収や融解している場合は人工骨の置換手術になります。治癒までに2〜6ヶ月くらいかかります。

 

→詳細はこちら

腫瘍外科

【手術、放射線、抗がん剤、免疫療法】
正確な診断を行って、適切な治療をしましょう。
腫瘍は、1cm以内に治療を・・・・・・

≪手術例≫

  • 肝臓がん
  • 膀胱がん
  • 口腔内腫瘍
  • 消化器系腫瘍

→詳細はこちら

特殊外科

ベッセルシーリングシステムや電気メスで手術ができます。微細な手術を行う時はサージカルルーペを使用しています。その他に内視鏡や気管ステントなどの多くの特殊な手術器具があります。

≪手術例≫

  • 気管虚脱のPLLP手術
  • フィラリアを心臓から摘出する手術
  • 猫の尿管結石の手術
  • 会陰ヘルニアG4

→詳細はこちら

再生医療

自己の再生力を利用した治療法です。ダメージを受けた組織を修復させます。神経損傷の修復や自己免疫疾患の病気が適応です。

≪治療例≫

  • 椎間板ヘルニア(間葉系幹細胞療法)
  • 骨折の癒合不全(PRP療法)

→詳細はこちら