柏市豊四季と流山おおたかの森から徒歩圏の動物病院です。ガンの手術、再生医療、骨折の治療。多くの手術経験で、大切なペットを守ります。犬のトリミング、犬猫のペットホテルも承っています。

症例

手術と再生医療の症例

充実した手術機器と経験で大切なペットを守ります。腫瘍外科、整形外科、再生医療で、最良の医療をご提供できるよう取り組んでいます。重症症例も受け入れており、高度な専門医療にも対応して参ります。

いしじま獣医師の手術

腫瘍外科

当院は、ガンの手術を多く執刀しています。他院からの紹介や、他で切除不可能と診断された腫瘍でも手術を行っています。ガンの悪性度と進行度によって、治療方針を決めていきます。初期ガンと判断した場合は完全切除で完治を目指す治療を行います。進行がんまたは末期ガンと診断した場合は、生活の質の維持を目的とした緩和療法をお勧めしています。

がんの検査と治療法

腫瘍を見つけたら、細胞診や病理診断を行って診断をします。確定診断によって最良の治療法がわかります。また、がんの種類と進行度によって、治療方針が決まります。初期ガンなら、根治を目指して行う治療が選択できます。進行癌の場合は、痛みの除去や生活の質の維持を目的とする緩和治療になります。

詳しく見る→

乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍の手術

犬の乳腺腫瘍は、大きさに比例して悪性の確率が高くなります。猫の乳腺腫瘍は、小さくても悪性度が高いので、手術による拡大切除が良いです。犬猫の乳腺腫瘍ともに、大きさに比例して転移の確率が上がるので、早期に発見をして治療を開始することが重要です。

乳腺腫瘍の手術を詳しく見る→

口腔内腫瘍

犬では、口腔内メラノーマ、扁平上皮癌、線維肉腫の手術が行えます。大型犬の顎骨切除などの積極的手術まで対応できます。猫では扁平上皮癌の下顎骨切除手術にも対応できます。1cm以内で早期発見できれば、手術で完治できる可能性が高いです。

甲状腺腫瘍

犬の甲状腺腫瘍の手術

ビーグルとレトリバーで多く発生します。首の下側にシコリがあれば検査が必要です。甲状腺癌は、腫瘍の大きさで生存率が変わるので早期発見が重要です。浸潤性甲状腺癌などの急性の呼吸障害では、緊急で気管切開を行うことがあります。

甲状腺癌の手術を見る→

局所麻酔による手術

犬の皮膚腫瘍の局所麻酔の手術

良性腫瘍で、犬の性格が穏やかな場合は、局所麻酔で摘出手術ができます。

ここまでできる局所麻酔の手術→

皮膚肥満細胞腫

皮膚肥満細胞腫

手術による切除が標準的な治療です。犬の皮膚肥満細胞腫は、拡大切除が必要です。猫の皮膚肥満細胞腫の緻密型では、手術で完治できる可能性が高いです。

皮膚肥満細胞腫の治療を見る→

肝臓腫瘍

超音波検査と細胞診により診断できます。腫瘍の発生部位により、手術の難易度とリスクが異なります。

 

軟部外科

胆嚢破裂などの緊急の手術にも対応できます。難易度の高い手術も引き受けています。 サージカルルーペを使用することで、精密な操作を行っています。縫合などの精度が上がり、手術のリスクを減らせます。再手術を繰り返している症例がありましたら、相談してください。

雄猫の尿道閉塞

猫のストラバイト尿症

雄猫がストラバイト尿症を発症して排尿ができなくなると、急性腎不全を発症します。尿道閉塞が重度だったり何度も閉塞を繰り返して自力排尿が困難になった場合は、狭くなった尿道の部分を切除する手術をが必要になります。尿道が狭窄した部分を切除して、尿道が太い個所で尿道の出口を作ります。尿道口の周囲は包皮粘膜を使って、術後に狭窄が起こらないようにします。

<費用の目安>
15万円(手術代、入院費、点滴料、診察料込み)
入院期間の目安:4〜5日間

猫の会陰尿路の手術を見る→

会陰ヘルニア

犬の会陰ヘルニアの手術

会陰ヘルニアになると、排便障害が起こります。毎日、排便の介助を行う必要があるので、犬と人にストレスで生活の質が低下します。手術以外では改善させることはできません。正確な整復手術を行わないと、再発を繰り返します。会陰ヘルニアのグレード4でも手術が可能なので、相談してください。

会陰ヘルニアの手術を見る→

胆嚢摘出

犬の胆嚢摘出の手術

中年以降の小型犬は、胆嚢粘液嚢腫になっていることが多いです。胆嚢粘液嚢腫は、胆管閉塞を引き起こして、黄疸や胆嚢破裂を起こす場合があります。胆嚢破裂では胆汁による腹膜炎を起こすので、緊急の手術を行います。腹腔内洗浄を行ない、破裂した胆嚢を摘出します。

<費用の目安>
25〜35万円(手術代、入院費、点滴料、診察料込み)
入院期間の目安:5〜7日間

胆嚢摘出の手術を見る→

避妊・去勢手術

通常の避妊・去勢手術でも、リガシュアを使うことで、腹腔内に糸を残さない手術でができます。小さな傷口で確実な手術を行います。
腹腔内に睾丸がある場合や先天的に片側の子宮が欠損している場合でも、対応できます。また、縫合した糸に対してアレルギーの炎症反応が出た場合などでも、正確な対応ができます。

整形外科

小型犬の前足骨折、椎間板ヘルニア、靱帯断裂などに対応しています。

小型犬の前足骨折

いしじま動物病院の骨折の治療

骨折の正しい治療を行うことで、癒合不全を起こさせずに、折れた骨を強く太く修復させます。現在の治療は、小型犬の前足骨折にはプレート法は使用しません。足型から作成するギプス、PRP療法、超音波治療を行って骨折を修復させます。2kg以下の小型犬や、40kgの大型犬の前足骨折でも治癒できます。

骨折の治療を詳しく見る→

椎間板ヘルニア

犬の椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアは、病期と症状の程度によって推奨される治療法は変わります。慢性期に移行する前に治療を開始することが重要です。治療は、内科療法、外科手術、再生医療から選択します。外科手術ではベントラルスロット手術やヘモラミ手術が行えます。また、再生医療では幹細胞療法が行えます。費用や安全性の面から、幹細胞療法を行うことが多くなっています。

椎間板ヘルニアの治療を詳しく見る→

前十字靱帯断裂

横隔膜ヘルニア

フィラリアの吊り出し手術、胆嚢破裂

尿管結石の摘出

猫の尿管結石の手術

2mm程度の尿管を切開して結石を摘出します。切開した尿管の縫合は、サージカルルーペを使用して精密に縫合します。

費用の目安:25万円(手術料、入院費、点滴料、結石分析)
入院期間の目安:4〜7日間

猫の尿管結石の手術を見る→

気管虚脱の手術

犬の気管虚脱の手術、切開

PLLP法と気管ステント法が出来ます。トイ種で多い気管の軟骨が脆弱化する病気です。ガチョウの声のような咳をするのが特徴です。気管支や胸部にも気管虚脱がある場合は内科療法でコントロールします。

手術法:PLLP法、気管ステント
入院期間の目安:5〜7日間

気管虚脱の手術と詳しく見る→

フィラリアの摘出手術

フィラリアの手術、右心房内に鉗子を挿入

血尿や貧血などの急性フィラリア症になると、緊急の手術が必要になります。

急性フィラリア症の緊急手術を見る→

再生医療

当院で、再生医療の幹細胞療法と、PRP療法が行えます。

幹細胞療法

犬猫の再生医療

今まで治らないと諦めていた疾患でも、治癒できる可能性があります。適切な病期に脂肪幹細胞を静脈点滴することで、幹細胞が持つエクソソームがダメージを受けた細胞を修復させます。

犬猫の再生医療を詳しく見る→

PRP療法

<

治療に関するお問い合わせ

お気軽に相談してください。お急ぎでない場合は、メールで問い合わせしてください。携帯電話でパソコンから着信拒否の設定がある場合は、返信ができませんので、設定を切り替えて連絡してください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © いしじま動物病院 All Rights Reserved.