医療設備

検査と手術の機器

安心の設備でペット医療ができるように、検査機器と手術機器を充実させています。トリミングやペットホテルも行なっており、人とペットの豊かな生活のお手伝いができます。

検査機器

血液検査

血液と尿の検査機器血液検査は、血球計算機と生化学測定器と電解質測定器があります。尿検査は、生化学機器でpHや出血やUPCや尿中クレアチニンが測定できます。

眼科検査

1、スリットライト、2、眼圧検査、3、眼底検査

スリットライトは、角膜の傷や白内障を診断します。眼圧測定は、緑内障やぶどう膜炎を診断をします。眼底鏡は網膜を診断します。また、眼球の超音波検査を行う事で、網膜剥離や眼球内腫瘍が判断できます。

画像検査

透視装置付きデジタルレントゲン

透視装置付きのレントゲン装置は、通常の撮影の他にリアルタイムな呼吸や心臓の動きを確認できます。また、フィラリアの手術や骨折の手術でも使用できます。レントゲン撮影した画像は、CDでお渡ししています。

透視装置付きレントゲン
超音波診断装置
日立アロカ超音波検査装置

最新の超音波診断機を導入しています。血流をカラーで描出することで、心臓内の血流や内臓の内部構造が詳細にわかります。

内視鏡
オリンパス内視鏡

気管、食道、胃、十二指腸などの、画像診断とバイオプシーが出来ます。内視鏡で胃や食道の異物摘出が可能です。内視鏡の検査は、全身麻酔が必要になります。

再生医療

細胞培養と保存に使用する機器

院内で、犬猫の脂肪から幹細胞を採取し、培養して細胞数を増やし、凍結保存をしています。凍結した細胞は、他家の幹細胞療法として治療に使用します。

手術機器

いしじま動物病院の手術室

手術用モニターや手術機器が充実させて、麻酔の安全性と手術の正確性を上げました。リガシュアと電気メスを利用することで、最小限の出血で手術を行なっています。微細な縫合が必要な手術では、視野を拡大するためにサージカルルーペを使用しています。また、整形外科分野では2台のマイクロエンジンとレントゲン透視装置を備えています。骨折の手術は、プレート法、ピンニング法、創外固定法の手術が行えて、骨の再生を促す超音波治療器もあります。

手術の準備器具

1、2、滅菌機器、3、手術器具

麻酔用の機器

1、2、麻酔機器、3、4、麻酔中のモニター機器

手術機器

1、ベッセルシーリングシステム 2、電気メス 3、超音波スケーラー 
4、マイクロエンジン 5、マイクロエンジン2台目 6、サクション

骨折用の手術器具

1、プレート 2、ピンニング 3、創外固定 4、超音波骨折治療器

骨折手術は、プレート、創外固定、ピンニングの手術器具があります。骨折の治癒が促進させる超音波治療器もあります。

特殊な手術器具

1、気管ステント 2、マイクロ手術機器 3、義眼手術器具 
4、前十字靭帯手術器具 5、輸液ポンプ 6、拡大鏡

気管虚脱の手術用に気管ステントとPLLP、前十字靭帯断裂の修復用にSECUROS社製の器具、フィラリア手術用器具、人工メッシュなどがあります。

手術用の拡大鏡

キーラー社のサージカルルーペです。視野を拡大して手術が行えます。尿管や尿道や血管を縫合する時に使用します。

入院管理

全室が保温と空調のコントロールができます。呼吸状態が悪い場合は酸素を供給できます。

自動点滴装置と酸素供給器
自動点滴装置

3台の自動点滴装置があります。24時間の連続した点滴が正確に行えます。また、酸素室もあります。

ドックラン2カ所

犬用の散歩スペースがあります。

更新日:

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市の動物病院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.