犬猫の手術と骨折治療なら、当院に相談してください。

いしじま動物病院|柏市、流山市

再生医療

再生医療 骨折

ピンニング手術後の骨融解からの回復

当院の小型犬の前足骨折の治療は、手術から3Dギプスに転換しました。 小型犬の前足骨折の治療は、ピンニング、創外固定、プレートの手術法に限らず、術後に骨吸収が起こることがあります。日に日に骨が細く、脆くなっていく状態で、骨へ負荷がかからないのが原因です。 トイプードルのノアちゃん、生後8ヶ月で左前肢を骨折 6月中旬に左前足を骨折しました。〇〇動物医療センターで1回目の骨折のピンニング手術をしています。大きなギプスで足を固定しています。 手術後の骨融解と再骨折 ピンニングとは、骨の中心に金属のピンを入れて固定 ...

再生医療

再生医療

脂肪幹細胞の点滴と、PRP療法ができます。今まで治らないとあきらめていた疾患でも症状が改善させられる可能性があります。 幹細胞療法(椎間板ヘルニアの場合) 椎間板ヘルニアでは、幹細胞療法を選択しています。手術より体の負担が軽く、多発性椎間板ヘルニアや首の椎間板ヘルニアでも、手術と同等以上の効果が期待できます。 step1診察 診察を行なって院内で全身検査を行います。椎間板ヘルニアの急性期で炎症マーカーが高い場合や症状が重度な場合は、入院で静脈点滴を行います。 step2MRI検査 MRI画像を撮影します。 ...

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.