犬猫の手術と骨折治療なら、当院に相談してください。

いしじま動物病院|柏市、流山市

骨折

再生医療 骨折

ピンニング手術後の骨融解からの回復

当院の小型犬の前足骨折の治療は、手術から3Dギプスに転換しました。 小型犬の前足骨折の治療は、ピンニング、創外固定、プレートの手術法に限らず、術後に骨吸収が起こることがあります。日に日に骨が細く、脆くなっていく状態で、骨へ負荷がかからないのが原因です。 トイプードルのノアちゃん、生後8ヶ月で左前肢を骨折 6月中旬に左前足を骨折しました。〇〇動物医療センターで1回目の骨折のピンニング手術をしています。大きなギプスで足を固定しています。 手術後の骨融解と再骨折 ピンニングとは、骨の中心に金属のピンを入れて固定 ...

骨折

3Dギプスで治す小型犬の前足骨折

骨折の癒合不全を無くしたい 以前は、当院でも手術による骨折治療をメインにしていましたが、手術後に起こる癒合不全や骨吸収の反省から、正確なギプスで二次骨癒合させる治療に転換しました。 小型犬の前足骨折は、3Dギプスで治療します。 手首の細い小型犬ほど、固定が安定して良好に骨が治癒します。 3Dギプスによる骨癒合の期間は、1ヶ月から1ヶ月半です。 自己の再生力を使った治療は、骨折が早く強く再生します。 従来のギプス固定の問題点 従来のギプスは、添え木のように足に装着して骨折部位が動かないようにします。しかし、 ...

骨折

骨折手術後の癒合不全

骨折の癒合不全のリスク 通常は、手術後に骨が癒合して治癒するのですが、手術後に骨吸収が起こり骨が細く脆くなり、再骨折や歩行障害を起こす症例を見ることがあります。多くが小型犬の前足骨折の手術後で報告されています。 プレート法の手術後に起こった骨吸収 小型犬の前足骨折をプレート手術後の骨吸収です。プレートが大きくスクリューも太いため、血流不足と着地の刺激が伝わらなくなり、骨が融解していました。 猫や中型犬に比べて小型犬の前脚の骨は髄腔が狭いため、プレート手術で使用するスクリューが髄腔の血流障害を起こします。最 ...

骨折

骨折の手術

骨折の手術法 プレート法、創外固定法、ピンニング法があります。骨折箇所により使いやすい手術法があります。 プレート法 プレート法とは、チタンやステンレス製のプレートとスクリューを使い、折れた骨を正確に圧迫固定する手術法です。骨折端の合わせて圧着させて、骨髄腔内の血流を維持させて癒合させる治療です。 現在、小型犬が前足骨折をした場合の治療は、ほとんどが手術を選択されています。前足骨折は、プレート法で手術を行うことが多いです。最新のプレート法には、より強固に骨を固定するLCP(ロッキング・コンプレッション・プ ...

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.