犬猫の手術と骨折治療なら、当院に相談してください。

いしじま動物病院|柏市、流山市

再生医療 骨折

ピンニング手術後の骨融解からの回復

当院の小型犬の前足骨折の治療は、手術から3Dギプスに転換しました。

小型犬の前足骨折の治療は、ピンニング、創外固定、プレートの手術法に限らず、術後に骨吸収が起こることがあります。日に日に骨が細く、脆くなっていく状態で、骨へ負荷がかからないのが原因です。

トイプードルのノアちゃん、生後8ヶ月で左前肢を骨折

6月中旬に左前足を骨折しました。〇〇動物医療センターで1回目の骨折のピンニング手術をしています。大きなギプスで足を固定しています。

手術後の骨融解と再骨折

ピンニングとは、骨の中心に金属のピンを入れて固定する手術です。

金属のピンは、レントゲンで骨の中心に棒状に白く映ります。

手術から2週間後です。骨が細くなってきました。

手術から2ヶ月後です。2本ある骨のうちの1本は消えて無くなっています。ピンニングで手術した骨は癒合しましたが骨密度の低下が見られます。

その10日後に、同じ場所を再骨折しました。骨は脆弱で湾曲しています。最初に骨折してから2ヶ月以上が経っているのに、徐々に骨は弱々しくなっています。

再度、ピンニング手術を行なっています。

この時点で、当院にセカンドオピニオンで来院されました。

  • 2本の骨の一本は骨吸収してしまったこと。
  • 残りの一本も骨密度が低下していること。
  • 今後の治療方法(3DギプスとPRP療法)の提案。

3DギプスとPRP療法で骨を再生させます。

再生治療の開始

金属ピンの抜去

ピンは髄腔内の血流を阻害し、手首の可動域を制限するので抜去します。

PRP療法

PRPとは自己の血液から抽出した高濃度の血小板です。PRP液をピンが入っていた場所に注入します。局所のダメージを修復します。

3Dギプス

3Dギプスを装着しながら歩行させて、骨折部位に着地時の刺激が伝わるようにします。骨折部分に負荷がかかることで骨が再生します。

当院で治療開始から1週間後

骨のレントゲンを撮ると骨折の再生が始まっていました。生後10ヶ月なので再生能力が高いです。

3週間後

折れた場所は太く再生して、骨密度も高くなっています。歩行も順調になってきました。

5週間後

骨の再生が順調に行われました。ギプスを外して治療終了です。

 

 

-再生医療, 骨折

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.