犬猫の手術と骨折治療なら、当院に相談してください。

いしじま動物病院|柏市、流山市

症例

小型犬の前足骨折や避妊去勢から腫瘍までの外科手術や再生医療などは、当院の獣医師に相談してください。

骨折

小型犬に多い前足骨折は3Dギプスで治療します。手術後の癒合不全や骨密度の低下なども相談してください。

3Dギプス
3Dギプスで治す小型犬の前足骨折

骨折の癒合不全を無くしたい 以前は、当院でも手術による骨折治療をメインにしていましたが、手術後に起こる癒合不全や骨吸収の反省から、正確なギプスで二次骨癒合させる治療に転換しました。 小型犬の前足骨折は ...

続きを見る

骨折手術後の癒合不全

骨折の癒合不全のリスク 通常は、手術後に骨が癒合して治癒するのですが、手術後に骨吸収が起こり骨が細く脆くなり、再骨折や歩行障害を起こす症例を見ることがあります。多くが小型犬の前足骨折の手術後で報告され ...

続きを見る

骨の再生
ピンニング手術後の骨融解からの回復

当院の小型犬の前足骨折の治療は、手術から3Dギプスに転換しました。 小型犬の前足骨折の治療は、ピンニング、創外固定、プレートの手術法に限らず、術後に骨吸収が起こることがあります。日に日に骨が細く、脆く ...

続きを見る

骨折の手術

骨折の手術法 プレート法、創外固定法、ピンニング法があります。骨折箇所により使いやすい手術法があります。 プレート法 プレート法とは、チタンやステンレス製のプレートとスクリューを使い、折れた骨を正確に ...

続きを見る

再生医療

椎間板ヘルニアなどの脊髄疾患で、幹細胞による再生医療が行えます。脊髄空洞症や多発性椎間板ヘルニアで、治らないと諦めていた症状でも、回復できる可能性があります。

再生医療
再生医療

脂肪幹細胞の点滴と、PRP療法ができます。今まで治らないとあきらめていた疾患でも症状が改善させられる可能性があります。 幹細胞療法(椎間板ヘルニアの場合) 椎間板ヘルニアでは、幹細胞療法を選択していま ...

続きを見る

特殊外科

サージカルルーペが必要な手術(猫の尿管結石、犬の胆嚢摘出)や、特殊技術が必要な手術(フィラリアの摘出、犬の気管虚脱)も行なっています。

尿管結石
猫の尿管結石

猫の腎臓疾患のうち、尿管結石の発症割合は近年増加していると報告されています。 尿管結石は、腎不全を起こします。 腎臓から膀胱につながる管を、尿管と言います。猫の尿管は細いので、1~2mmの結石で、尿管 ...

続きを見る

フィラリアの手術

フィラリアは、犬の心臓の中に入り込む寄生虫です。心臓の中のフィラリアよって、急激に貧血や血尿の症状が出ることがあります。 超音波検査で心臓内にいるフィラリアを確認します。白く点状に見えます。

続きを見る

会陰ヘルニア

未去勢の中齢以降の雄犬に好発します。 男性ホルモンにより、肛門周囲(会陰部)の筋肉が萎縮することで、筋肉間に隙間が生まれ、直腸や前立腺、膀胱が脱出する病気です。 臓器が本来ある位置からずれてしまい、正 ...

続きを見る

腫瘍外科

口腔内腫瘍で顎骨摘出する手術、皮膚移植が必要な巨大皮膚腫瘍、リガシュアを使用した肝臓ガンや腎臓がんの摘出手術、ビルロート法による胃がんの摘出手術も行えます。

ガンの治療
はじめに読む・ガンの診断と治療

初期の皮膚腫瘍を発見しやすい人は、飼い主さんやトリマーです。また、定期的な獣医師による健康診断は、小さな皮膚腫瘍でも発見できる確率が高くなります。 ココがポイント 腫瘍は小さい時ほど、完治ができる可能 ...

続きを見る

乳がんの手術

犬の乳がんの手術 乳腺腫瘍の予後は、大きさが重要です。乳腺腫瘍は手術で摘出します。 乳腺腫瘍の原因と予防 乳腺の組織の一部が女性ホルモンの影響を受けて増殖し、遺伝子変異などにより、腫瘍化する病気です。 ...

続きを見る

犬と猫の口腔内腫瘍

口腔内の悪性腫瘍は、大きくなる速度も早く出血したり口腔内の細菌が出血部位で増殖することで悪臭を放ちます。腫瘍が大きくなると、痛みにより食事を十分に食べることができなくなります。 診察と検査 口の中を視 ...

続きを見る

整形外科

膝蓋骨内方脱臼、前十字靭帯断裂の手術も行なっています。

犬の膝の手術

 膝蓋骨は大腿骨四頭筋と膝蓋靭帯の間にあり、膝が屈曲、伸展した時に、大腿骨の遠位に存在する滑車溝を滑らかに移動し、筋肉、靭帯、大腿骨、脛骨が正しい位置で動くように働いています。 小型犬で多い膝蓋骨脱臼 ...

続きを見る

Copyright© いしじま動物病院|柏市、流山市 , 2019 All Rights Reserved.